楽天であしながおじさんの靴を購入!!
Yahoo!ショッピングであしながおじさんの靴を購入!!
あしながおじさん靴の激安通販なら楽天で購入!!
あしながおじんさんのブーツやパンツスの購入ならYahoo!ショッピングで購入する!!

靴の情報

あしながおじさんの靴といえば

 靴といえば、あしながおじさん靴
 初めてブランドの靴を履くときは、あしながおじさん靴が結構お勧めです。
 靴一つひとつ職人さんの手によって作られているので、味があってしっかり作られています。

 靴の縫い目1つ取ってみても、同じものは2足と無い。
 そんな靴を履いてみたいと思いませんか?
 個人的にはあしながおじさんのブーツが好きなんですけどね。。。

 近くのお店に、あしながおじさん靴を販売しているお店があれば、一度手にとってもらいたい靴のブランドです。
 長く愛着してもらうことができる靴のブランドなんですよ。

靴の情報

雪駄【あしながおじさん靴のお店】





 雪駄【あしながおじさんのお店】


 雪駄とは??


 雪駄は、『 せった 』と読みます。


 雪駄は、履物( 草履 )の一種です。


 構造は、の裏側に皮を貼って防水機能を付け加えて、鼻緒の裏に留金( 後金 )がついています。


 この雪駄は、露地で履くために千利休が考案したともいわれています。


 当時は、主に茶人や風流人が履くものとされていましたが、現代では男性が着物を着る場合には必ずといっていいほど雪駄が使われています。


 日本国内の、雪駄生産量は愛知県の津島市が半分強を占めています。

靴の情報

上履き【あしながおじさん靴のお店】





 上履き【あしながおじさんのお店】


 上履きとは??


 上履きは、主に学校や事務所、体育館など土足を禁止している場所で履くのことをいいます。


 土足禁止の場所で、履き替えるため、屋内専用のを準備している場合が多い。

 ( というか、屋外と共用だと、屋内専用に準備する必要がなくなりますが。。。 )


 上履きのことを、上( うわぐつ )や、校内履きとも呼ばれています。

靴の情報

ローファーズ【あしながおじさん靴のお店】





 ローファーズ【あしながおじさんのお店】


 ローファーズとは??


 ローファーは、の種類の一つです。


 英語では,Penny loafersと書くんですよ。


 ノーウィージャン・フィッシャーマンズ・シューズとも呼ばれています。


 ほとんどのには、紐や足の甲を縛るものがありますが、ローファーズには、紐を結ぶ必要のないとして有名です。


 紐がないぶん,を気軽に脱いだり,履いたりすることが出来るのでとっても便利です。


 素材は、主に革で作られていることが多く、フォーマル,準フォーマルどちらにも対応することが出来ます。


 また,最近では高校生の制服用のとしても使われることが多くなっています。


 このの歴史は、1920年代イギリスで一般的に計れたものが最初であるといわれています。


 モカシンの発展系なんですね。


 その後,アメリカに渡り、ローファーと呼ばれるようになり,運動性に優れていることからカジュアルな服装に合わせて履かれることが多くなった。


 最初の流行は、1934年やはりアメリカでした。


 アメリカ・メイン州の屋ジョン・R・バスがローファーの製造を開始し,このに『 ウィージャンズ 』となずけ販売したところ、瞬く間に売れていき大流行しました。


 男性が履くことが多いため、メンズ商品と思われがちですが、実は女性用も販売されています。


 ファッション性に富んでいるため,カジュアルに使われるが,ブーツの必需品である下を履いてから履くかどうかは、時代の流行に大きく左右されています。


 ノーウィージャン・フィッシャーマンズ・シューズとは別に、『 ペニー・ローファー 』や『 コイン・ローファー 』等と呼ばれることもあります。


 これは,甲の部分に1セント硬貨( 『 ペニー( penny ) 』を挟んだりすることから,そのように呼ばれています。

靴の情報

靴の穴【あしながおじさん靴のお店】





 の穴【あしながおじさんのお店】


 あなたは、に穴が開いているのをご存知ですか?


 『 えっ、知らない!! 』


 そうですね。


 実は、私も知りませんでした。


 『 でも、に穴が開いていたら大変ではないの?? 』


 穴といっても、そんなに大きな穴ではありません。


 っていうか、そんなに大きな穴が開いていれば、普通気がつきますよね。


 そんなものは、いわゆるB級品ってやつですね。


 詳しく言いますと、のかかとに部分に小さくポツってある穴です。

 ( ちなみに両足のかかと部分に小さくあります。 )


 あなたのもよ〜〜く観察してみてください。


 きっと小さな穴があると思いますよ。


 じゃあ、なんでこんな小さな穴が開いているのでしょうか。


 それはというと、は、木型という立体的な形に革をはめて作ります。


 それにデザインを載せて縫い合わせたり、パーツを圧着させたりします。


 そうです、洋服を作る肯定ととってもよく似ています。


 を作るときも、人の足にあわせて作っていきます。

 ( 当たり前ですよね。 )


 その際、革と木型を固定しないといけないんです。


 この肯定のときに、革が木型からずれないように踵部分に釘を打ち付けるんですね。


 そして、職人さんがセッセトを作っていきます。


 縫いあわせや接着作業などが終わり、デザインが出来上がった一番最後に木型と革を放しますので、どうしても小さな穴が残ってしまいます。


 そうです、を作る肯定上どうしても残ってしまう穴なんですね。


 この穴は、職人さんの汗と涙の結晶みたいなものなんですかね?


 そんな穴ですが、どうしても穴が目立って仕方がない場合、同色のクリームを塗りこむことによって、多少目立たなくさせることもできるんですよ。


 付加価値の高いは、1足1足職人さんが丁寧に作っているので、穴がどうしても開いてしまいます。


 その代わり、が型崩れしにくく、とっても丈夫にできているんですね。


 そんな穴ですが、決して値札を付けるための孔ではありません(笑)


 ちなみに、の値段は箱についていることがほとんどです。

靴の情報

革靴【あしながおじさん靴のお店】





 革あしながおじさんのお店】


 革とは??


 革とは、動物の皮で作られたのことです。


 しかし、皮そもそものを使ってを作ることはできないので、『 皮 』をなめし加工して『 革 』にした後、に成型されます。


 皮のなめしに関しては、『 皮のなめし 』を参考にしてください。


 革の歴史は、ギリシア・ローマでサンダルが革で作られていたため、このサンダルを革の範疇に含め、起源とする場合もあります。


 しかしながら、一般的にはの起源は、中世のゲルマン人が多用していたブーツに起源を求めることが多いようです。


 この革で作られたブーツは、保温性と耐水、耐塵性にとても優れており、沼地や森林を踏破するにはとても適した履物でした。


 しかし、より沼尺の浅い地中海沿岸地方では、歩行や着脱にはとても不憫をきたしていました。


 そこで、ブーツのくるぶしより上を切り落とした形の履物が考案され、現在の革の原型となりました。


 このようにして、革は生まれたんですね。

靴の情報

安全靴【あしながおじさん靴のお店】





 安全あしながおじさんのお店】


 安全とは??


 安全とは、その名の通り足を保護するためのです。


 主に、工場現場や重い機械、部品を扱う工場内。


 鉱業、建設業など足に危険の伴う作業場で使用されます。


 明確には、JIS規格に合致したものを安全の定義とされていますが、広い意味ではJIS規格と同じくらいの安全性を持っているものをいいます。


 その他にも、JIS規格より安全性の低い軽量タイプを含んで安全と呼ぶこともあります。


 安全と同様に、人の体にたまった静電気をから逃すために作られた静電気帯電防止( 静電 )にも安全の性能を持つものもあります。


 このは、静電安全と呼ばれています。

靴の情報

バレーシューズ【あしながおじさん靴のお店】





 バレーシューズ【あしながおじさんのお店】


 バレーシューズとは??


 バレーシューズは、バレーボールの練習や試合などで使用するのことです。


 底に強力な滑り止めが付いているのが特徴で、主に体育館で使用されています。


 個人的には、デザイン性に難があり、あまりかっこよい( かわいい )とは思えません。


 やはりそれは、競技専門


 バレーに特化した技術がふんだんに取り入れられています。


 普段履きには向かないですが、体育館用シューズとして使用するのならばとてもよいでしょうね。

靴の情報

スケートブーツ【あしながおじさん靴のお店】





 スケートブーツ【あしながおじさんのお店】


 スケートブーツとは??


 スケートをする際、用いられるのこと。


 以前は、ウィンタースポーツの代表格であるスケート愛好者も多くいましたが、最近では『 スキー 』や『 スノーボード 』に人気がおされ気味でした。


 しかし、女子フィギアスケートの人気で、競技人口にも復活の兆しがみえてきています。


 プロや競技会に出場する選手が愛用しているスケートブーツは、『 高機能 』なものがとても多いです。


 なかでも、底についているブレードは、とても鋭利で、紙など簡単に切れてしまうほどだそうです。

靴の情報

バスケットシューズ【あしながおじさん靴のお店】





 バスケットシューズ【あしながおじさんのお店】


 バスケットシューズとは??


 バスケットボールをプレイするときに使用するシューズのことです。

 ( 当たり前すぎて怒られそ〜〜 )


 このバスケットシューズは、『 機能性 』や『 安全性 』にとても優れているのが最大の特徴です。


 近年は、様々なメーカーから発売されています。

 ( アシックス、ナイキ、コンバースなどが有名です。 )


 一昔前までは、体育館シューズの延長のようなスタイルでした。


 しかし、近年では、のスタイルもとても『 かっこいい 』ものが増えてきており、普段履きようのとしても愛用されています。


 バスケットシューズでは、呼び名が長いので、愛着を込め『 バッシュ 』や『 バッシュー 』などと略されています。

靴の情報

運動靴【あしながおじさん靴のお店】





 運動あしながおじさんのお店】


 運動とは??


 一般的に、運動とは、スニーカーに代表されるカジュアルな運動用のとして親しまれています。


 素材はというと、キャンバス地、皮革、合成皮革などが代表的です。


 底は、ゴム張りやポリウレタンなどがあります。


 数十年前までは、大人は運動するときしか、この運動を履くことはありませんでした。


 しかし、近年この運動もファッション性の取り入れられたことにより、普段も愛用する人が増えてきています。


 運動は、機能性に優れており、とても歩きやすく、かつ比較的安価であり、子供用の者は、丸洗いできるものが大半である。


 小学校などでは、通学用に運動を履くよう指定する学校がとても多いんです。


 ちなみに、野球や、ラグビーなどのスポーツ競技専用に使用するは、いくら運動用といってもあまり運動とは呼ばれていません。

靴の情報

チャッカブーツ【あしながおじさん靴のお店】





 チャッカブーツあしながおじさんのお店】


 チャッカブーツとは??


 私のようにに詳しくない人は、あまり耳にしないブーツですね。

 ( 私の場合、ブーツを選ぶとき、ブランドや種類は気にしません。どちらかというと、スタイル重視なので。。。 )


 このチャッカブーツは、【 chukka boots 】と書くんですよ。


 見た目はというと、ブーツの筒丈が、くるぶしくらいまであり、比較的短いブーツのことを言います。


 スタイルが、ポロ用のに形が似ているため、この名が付いたようです。


 chukkaは、ポロの試合の1回( 7分半 )を表すchukkerが由来なんです。

靴の情報

ハイヒール【あしながおじさん靴のお店】





 ハイヒール【あしながおじさんのお店】


 ハイヒールとは??


 ハイヒールとは、英語で『 High heels 』と書きます。


 の見た目どおり、『 High ( 高い ) 』『 heels ( かかと ) 』という意味があります。


 一般的には、7センチ以上のかかとのある婦人用ののことを指します。


 一部では、踵の高いのことを『 ハイヒール 』と呼んでいます。

 ( 7センチ以下でも )


 ハイヒールは、あなたもご存知の通り踵の部分がつま先より高く持ち上げられるような形状をしています。


 よく間違えられやすいのが、踵とつま先の両方共が高いヒールのは、一般的にはハイヒールと呼ばれていません。


 『 じゃあ、なんて呼ぶの?? 』


 と思うと思いますが、このような形状ののことを『 プラットフォーム・シューズ 』と呼ばれています。


 日本語では、『 厚底 』になります。


 数年前に、厚底ブーツなんていうが流行りましたよね。


 厚底ブーツのような形状をしているのことを『 プラットフォーム・シューズ 』と呼ぶんですね。 

靴の情報

ブーツ【あしながおじさん靴のお店】





 ブーツあしながおじさんのお店】


 ブーツとは??


 ブーツとは、実は記事の内容が長と同じなんです。。。


 ということで、長の記事を参考にしてください。


 長の記事は →→ こちら!!(  )

靴の情報

スニーカー【あしながおじさん靴のお店】





 スニーカー【あしながおじさんのお店】


 スニーカーとは??


 スニーカーとは、簡単に言うとゴム( またはラバー )底に、足を覆う上部を柔らかい革、または、人工素材で覆われたスポーツシューズのこと。


 底に、ゴム( ラバー )を使用しているのは、地面との摩擦を最適な状態に保つために使われています。


 足首や、こうの部分を補強する意味合いで紐やストラップがほとんどのスニーカーに使われています。


 また、汗を吸収するために、内側がタオル地のものが多いのが特徴です。


 少し歴史を振り返ると、1893年に現在の『 スニーカー 』の原点である運動( キャンバス地にラバーソール )は発明されていました。

 ( ちなみにボート競技のために発明されたそうです。 )


 しかし、現在のように『 スニーカー 』と呼ばれる形になったのは、それから100年近く後の話なんです。

靴の情報

半長靴【あしながおじさん靴のお店】





 半長あしながおじさんのお店】


 半長とは??


 半長とは、すねの中ほどまである長のこと。


 主に、軍隊用のブーツや、安全などのものを指します。


 俗にコンバットブーツと呼ばれるものがあるが、たいていは半長のことなんです。

靴の情報

長靴【あしながおじさん靴のお店】





 長あしながおじさんのお店】


 長とは??


 ゴムや革の素材で作った、ひざ下まである長いのこと。


 主に、雨の日や、雪、水作業、乗馬などに使用されることが多い。


 一般的に、ブーツとも呼ばれることがありますが、近年ブーツはファッション性が色濃くなっており、一概に『 長 』 = 『 ブーツ 』とは呼ばれなくなりつつあります。


 一般的な、長のイメージは、雨や雪の日に小さな子供( 小学校低学年以下 )が履いているイメージがあります。


 そのほかにも、作業員の人たちが水作業を行ったりするときにも用いられることが多い。


 また、革の素材で作られた長は、『 安全 』として使われることも多い。

靴の情報

靴の歴史【あしながおじさん靴のお店】





 の歴史【あしながおじさんのお店】


 人が、いつごろからをはき始めたのかは定かではあります。


 現在存在している最古のといえば、古代エジプト時代のピラミッドから発掘された鼻緒の付いた『 サンダル 』形の履物です。


 ツタンカーメンの王の墓からは、黄金でできた『 サンダル 』が出土しています。


 ちなみに、ミイラの棺の中からも発見されているんです。


 また、ヨーロッパ北方の騎馬民族が履いていた履物が『 モカシン 』の原型であるといわれているんです。


 現在わかっている『 サンダル 』と『 モカシン 』が、のご先祖様に当たるといわれています。

靴の情報

靴の種類【あしながおじさん靴のお店】





 の種類【あしながおじさんのお店】


 は、用途に応じて色々な種類があるんです。


 そんなは、使う人の目的や職業、性別、年齢などによって様々な種類があります。


 ごく一部ですが、の種類を見ていきましょう。



 ● 


 ● 半長


 ● スニーカー


 ● ブーツ


 ● ハイヒール


 ● チャッカブーツ


 ● 運動


 ● バスケットシューズ


 ● スケートブーツ


 ● バレーシューズ


 ● 安全


 ● 


 ● ローファーズ


 ● 上履き


 ● 雪駄


 思いついただけあげてみましたが、こんなにあります。


 まだまだ一部分ですが、私たちは状況に応じて、色々なを履き生活しています。

靴の情報

靴とは【あしながおじさん靴のお店】





 とは【あしながおじさんのお店】


 普段何気なく履いている


 とはいったいどういったものなのでしょうか?


 とは、足を覆うように作った履物の総称なんですね。

 ( 履物の一種で、日本では主に西洋のことを指しています。 )


 ちなみに、助数詞は『 足( そく ) 』です。

 ( みんな知っていますよね。 )


 素材は、革や人造皮革、ゴム、ビニール、プラスチック、布などを原料としています。


 人間の足は、一日の中でも時間とともに大きさが変わるめずらし器官です。

 ( いわゆる、『 むくみ 』といわれます。 )


 この足ですが、最も大きくなるのは15時ごろで、起床直後と比べると体積が約19%程度大きくなります。


 そのため、革以外のほとんどのには紐やマジックテープで内径を調整する機能がには付いています。


 よく、


 『 は、夕方に買ったほうがいいよ!! 』


 と、いわれているのは、足に起こっている『 むくみ 』と・接な関係があるからです。


 足がむくんだ状態のときにを購入しておけば、昼間に購入したが夜小さくなっていた、なんていう間違いを未然に防ぐことができますよね。


 このむくみですが、実は時間とともに起こってくる生理現象だけではないんです。


 長時間歩く場合などに、浴現れますので、その場合あらかじめ紐などを緩めておくと足の血流を阻害しないですみます。


 足は、人間の体の中でもっとも汗を掻く場所です。


 ナイロンやビニール素材などの通気性の悪いを長時間にわたり履いていると水虫になりやすくなるので注意が必要です。


 ちなみには、用途に応じて様々な種類があります。


 利用者の目的や職業、性別、年齢によって様々な種類のがあります。


○ の種類

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。